ライブカジノハウス/Live Casino Houseの入出金方法について徹底解説!

Live Casino House online

ここでは今注目のオンラインカジノサイト、ライブカジノハウスLive Casino Houseでの入出金方法について紹介していきます。

ライブカジノハウス/Live Casino Houseは名前の通り、オンラインカジノゲームの中でライブゲームに力を入れているサイトです。

ライブゲームとはバカラやルーレットなどテーブルゲームを、オンライン中継を繋いでプレイできるものとなっています。

中継とはいえ本場のディーラーとリアルタイムで対戦できる点が魅力のゲームです。

ビデオゲームには無い臨場感を味わえることから、近年では特に人気のあるゲームカテゴリーとなっています。

そうしたことから、このライブカジノハウス/Live Casino Houseの人気は急上昇しているというわけです。

絶対に押さえておきたいオンラインカジノサイト、ライブカジノハウスでの入出金方法についてを見ていきましょう!

/Live Casino House chip

ライブカジノハウス/Live Casino House:入金について

ライブカジノハウス/Live Casino Houseへの入金方法は、他サイトよりもやや選択肢が多いと言えます。

ただ細かな部分において物足りない部分もあるため、こちらで詳細を確認しておきましょう。

併せて手数料なども記載していきますので、可能な限りお得な方法で入金できるよう準備してみてください。

ライブカジノハウス/Live Casino House:入金方法

・各種クレジットカード

→JCBカード、MasterCard、AMEXカード

・デビッドカード

→JCBカード

・各種オンラインウォレット

→エコペイズ、アイウォレット、ヴィーナスポイント

・仮想通貨・暗号通貨

→ビットコイン

です。

クレジットカードでは他サイトより取り扱い種類がやや多いですが、海外サイトとしては珍しくVISAカードが入りません。

ただ日本国内でのシェア率の高いJCBカードを採用しているので、日本人ユーザーであればそこまで不便さはないでしょう。

またVISAカードの採用がないために、デビッドカードではJCBカードのみの対応となっています。

改めてカードを作るのであれば、作成がより簡易なJCBデビッドカードを作るのも1つの手ではないでしょうか。

各種オンラインウォレットでは、主要のサービスをひと通り取り揃えています。

この点は他サイトでもほとんどが同じ取り揃えのため、いずれかのウォレットアカウントがあれば対応できるでしょう。

どのアカウントも無いという方は、1番採用率の高いエコペイズの開設を検討しましょう。

そして他サイトではまだあまり見かけない仮想通貨・暗号通貨による入金を採用している点が大きなメリットです。

取り扱いはビットコインだけなので、いわゆるアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)には対応していません。

アルトコインまで対応しているサイトもあるため、それらと比べるとやや劣ると言えます。

ただ仮想通貨のウォレットがあれば、ビットコインはまず購入できるため不便さはないでしょう。

仮想通貨は購入自体に慣れが必要なため、仮想通貨に興味がある方や既にウォレットを持っている方向けかもしれません。

online Live Casino House deposit

ライブカジノハウス/Live Casino House:各種手数料について

ライブカジノハウス/Live Casino Houseでは、一部の入金方法で手数料が発生します。

そのため利便性や自分に合った方法と、手数料とを鑑みる必要があるでしょう。

入金方法のうちで手数料が発生するものは、カード入金のみとなっています。

こちらに対しては、入金額に対して2.25%の手数料が発生するのです。

クレジットカード入金では、用意するものがカードのみとなります。

オンラインウォレットでも仮想通貨でも、カジノとは別にそれぞれのアカウントやウォレットが必要です。

そのためカード入金がもっともお手軽となっているため、そこに対しての手数料が高いか安いかを判断しましょう。

オンラインウォレットであれば、アカウントに残金があれば即時で入金可能です。

しかしアカウントに残金がない場合には、アカウントへの入金に時間がかかることもあります。

また仮想通貨でも即時の入金が可能ですが、こちらは電子ウォレットでのアカウント作成よりもハードルが高くなります。

結果として今すぐに入金したいけど、他のウォレットが無かったり残金が足りない場合ではクレジットカード入金が活躍するのです。

利便性の分だけ手数料がかかると認識しましょう。

またクレジットカード入金後に、出金をする際にオンラインウォレットが必要となります。

なるべく早いタイミングで、アカウント開設をすることがお勧めです。

ライブカジノハウス/Live Casino House:出金について

ライブカジノハウス/Live Casino Houseでの出金方法には、上記で紹介した各種オンラインウォレットのいずれかのみが対応です。

そのためエコペイズ、アイウォレット、ヴィーナスポイントとなります。

ここで注意が必要となる点が、入金をした手段でしか出金も出来ないという点です。

つまり例えばエコペイズで入金をした場合では、出金もエコペイズでしか出来ません。

既にウォレットアカウントを持っている方なら悩まないでしょうが、これから作る方で悩まれる方はエコペイズを検討してください。

他サイトでの採用率が高いため、エコペイズのアカウントを取り敢えず作っておけば重宝するからです。

エコペイズのユーザー数がもっとも多く、次いでアイウォレットのユーザー数が多いとなっています。

どちらも信用できるサービスですが、よりもユーザー数とサイト採用率が高いエコペイズの方がお勧めです。

ライブカジノハウス/Live Casino House出金方法:注意点

出金の際には入金手段と同じ経路でしか出金出来ないと説明をしました。

それではクレジットカード入金の場合ではどうなるのでしょうか?

答えはクレジットカード入金後は、ヴィーナスポイントでしか出金が出来ないです。

ヴィーナスポイントはオンラインウォレットの立ち位置なのですが、サービス内では現金では無くポイントで取引をします。

出金にこれだけの制限が掛かる理由には、マネーロンダリング防止の観点があるのです。

現金では禁止となっている部分も、このポイントでのやり取りであれば禁止では無くなります。

そのためクレジットカード入金であっても、ヴィーナスポイントへなら出金が可能なのです。

ただしヴィーナスポイントからライブカジノハウス/Live Casino Houseサイトへは、直接現金での入金が出来ません。

ライブカジノハウス/Live Casino Houseサイトから引き出した金額を、再びサイトへ戻すことは可能です。

新たに追加として現金での入金はできません。

そのため入金手段としてクレジットカード、出金手段としてヴィーナスポイントと必ず1セットとなります。

入金手段をどれにするかで、用意するべき出金手段が異なるので必ず確認した上でウォレットアカウントを用意してください。

online casino Live Casino House

ライブカジノハウス/Live Casino House出金時の手数料

ライブカジノハウス/Live Casino Houseでは、50ドル以上の出金では手数料はかかりません。

50ドル以下の出金では、一律5ドルの手数料がかかります。

50ドル以上の出金をすることで、手数料は無料となりますのでほとんどの場合で無料と言えるでしょう。

また出金制限に関しては、1日では(24時間内)10,000ドルです。

さらに1か月での出金制限もあり、こちらは50,000ドルとなっています。

ジャックポット当選などではこれらを上回る勝利金が入ることになりますので、そうした際にはすぐにサポートへ連絡をして対応してもらいましょう。

また出金速度についても調べてみました。

出金速度については、原則12時間以内に対応というのがサポートからの回答のようです。

基本となる出金上限以内なら、半日程度で処理がされるとのことでした。

実際のところでは早くて数分、遅くても数時間といったところが多く感じます。

混雑具合やサイト側のサポート体制にもよるかと思いますが、数日掛かることは今までありませんでした。

以上がライブカジノハウス/Live Casino Houseでの入出金方法です。

入金方法と出金方法が1セットとなっていました。

この点がもっとも重要なポイントですので、確実に登録前に確認をしてみてくださいね。

Leave a Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *