フィットネスシューズを選ぶポイントは?フィットネス女子必見

diet

ダイエットの為や健康維持のためにジムに行き始めた方、もしくはこれからいこうと思っている方は、ジムで着用するウェアの次に必要なのは、フィットネスシューズ。

一言でフィットネスシューズといっても、その種類は様々です。

ジムによっては有料のオプションサービスとしてシューズをレンタルできたりしますが、毎回レンタルしていると出費がかさんでしまいます。

これからも続けるのであれば、1足持っていた方がベター!そしていざ購入すれば、これからも続けるというモチベーションにも。

では一体どんなフィットネスシューズを買えばいいのでしょうか?

今回はジムで行う運動別に、おすすめのシューズをポイントと共にご紹介!

Diet

ジムで行う種目は人によって様々。

その種目・目的別にフィットネスシューズを選ぶのが1番です。

例えばジム内で軽くランニングしたり、少しストレッチをする程度であれば通常のフィットネスシューズでOK。

フィットネスシューズとはクッション性が高く、長時間運動しても脚への負担を抑えられる靴のこと。

フィットネスシューズは横の動きに強く、逆にジョギングシューズは、前に進むので前に強いです。自分の動きに合わせて選ぶのが大切!

ウォーキングマシーンで走るor歩く方

ウォーキングマシーンを主に使いたいという方は、ジョギングシューズがおすすめ。スポーツ店や靴店にも『ジョギングシューズ』としてラインナップが多く置いてあります。

何しろ軽いもの、そして足裏のクッションが効いてるものが疲れにくいのでチェックポイント。

クッション性の低いシューズで走ると、足を痛める可能性もあるので要注意。

ランニングシューズは膝への衝撃を軽くするためにクッション性や軽量にこだわっており、縦の動きに特化した構造になっています。

レース用と練習用に分かれ、レース用は薄底であまりクッション性がなくより軽量に、練習用はケガ防止のためにクッション性にこだわり厚めのソールになっています。

その為、フィットネス用として使用する場合は、クッション性の良い練習用を選ぶと良いでしょう。

筋力が弱い初心者の方は、クッション性の良い4cm前後のヒールが目安としてみて下さい。

おすすめフィットネスシューズ①

ナイキ レボリューション 5 レディース

Diet

透け感のあるメッシュアッパーがスタイリュッシュ!

日々のウォーキングはもちろん、ジム以外に普段使いできるところもポイント。

スカートなどに合わせても可愛く、カジュアルスタイルもぐっと引き締まります。

筋トレメインの方

ウェイトトレーニングメインで筋肉を鍛えたいと考えてる人は、しっかり足に力が入って踏ん張りが効くシューズがおすすめ。

ウェイトトレーニングをする場合は、しっかりと重さに耐えられる安定感とグリップ力が必要になり、僅かな重心のずれが全身の安定を崩すことになります。

重くなればなるほど、重心やバランスをしっかり捉える必要があるため、足先など足裏で床を感じられるようソールは薄く素足感覚でいられるのが特徴となります。

おすすめフィットネスシューズ②

アディダス POWERLIFT.3.1

Diet

軽量合成皮革アッパーにより足首のサポートと耐久性が実現。安定したフィット感により、

抜群のパワーを発揮します。

ウェイトリフティング専用の高密度ダイカットミッドソールにより、負荷が増すごとに必要となる安定性を実現するよう、日々のウエイトトレーニングに応える為にデザインされたシューズです。

ヨガやエアロビクスなど様々な種目をする方

またはまだそんな種目中心となるか分からない方

有酸素運動からウェイトトレーニング、スタジプログラムまで総合的に運動する人なら、マルチに対応できる万能モデル。

また、初心者でどんな種目を中心に運動するのかまだよくわからないという場合も、最初の一足目は万能型がを選ぶのがおすすめです。

万能モデルの特徴はどんな動きにも対応できるよう、縦の動き・横の動きの両方をカバーしていること。ケガ防止のために適度なクッション性・安定性・フィット具合などが総合的にバランス良く設計されています。

おすすめフィットネスシューズ③

ニューバランス トレーニングシューズFUEL CORE NERGIZE W XP

Diet

ダンスレッスンからジムワークアウトまで対応の万能シューズ。軽くソフトな履きごごちを実現しながら、確かなホールド力とフィット感で安定性を保っている非常にバランスの優れたシューズです。

ケガの予防対策もしっかり考えられており、キネシオテープ法から発想したテープを適所に配置しています。

ミッドソールには程よいクッション性があり優れた反発弾性で弾むような感覚を得られるのも特徴。

ダンスレッスンからジムワークアウトまで幅広く対応できるので、初心者でシューズ選びに迷っている人におすすめのシューズ!

トレーニング中には足に高い負荷をかけることがあるので、サイズが少しでも合わないと安定感に欠けます。

怪我に繋がる可能性になるので、足幅や足の形も含めて自分に合ったシューズがどうか確認するようにしてくださいね。

必ず試し履きをして、履き心地がしっくり来て、クッションもしっかりしたものを。

そして実際に使用する靴下を履いてから試着するようにしてください。

お気に入りのフィットネスシューズを見つけて、モチベーションアップに繋げてスタイルアップもしちゃいましょう!

Leave a Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *