ダイエットをしても痩せない原因はダメトレのせい?筋トレ女子必見!

筋トレダイエットをすると基礎代謝が上がって痩せると聞いてたのに、一向に痩せない…そんな方はもしかしたらやり方や生活に問題があるのかも? よく見受けられる問題点4点についてまとめたので、もし自分に当てはまる部分が合ったら要チェックです。 寝不足の人 実は筋トレを行なっている男女の半数以上が寝不足になりがち、というデータも出ているほど。 トレーニングをして疲れているのに食事制限もするからお腹が空く、そして寝付けない…という悪循環になっている人も多いのでは? 食事制限は大事ですが、必要な栄養素はとって疲労回復に徹するべき! ポイントとしては、夕食だけ炭水化物を抜くなどして軽めにする。または食後にもしお腹が空いたらプロテインを飲むこと。 キツい食事制限はせずに、運動を長続きできるようムリは絶対にしないのがベターです。 筋トレ時間が悪い人 筋トレは何時に行なっても効果は同じ!…ではないんです。痩せやすい適切なタイミング、というものがあります。ではそれっていつ? ◾︎朝食と昼食の間 朝食を食べた後は、体が目覚めて運動しやすい時間帯。食事を摂ってしばらくたった後に筋トレを行うと、体に吸収されたカロリーを消費できるので、食事をして一段落したころに行うと◎。 ◾︎昼食後 昼食後は、血糖値が上がり、眠気が起きやすい時間帯。そこに運動を取り入れることで、目が覚めさせ代謝を高める効果が期待出来るんです。また、昼食で摂取したカロリーをすぐに消費できるためダイエットには効果的! ◾︎シャワーを浴びた後 仕事から帰ってきてまだ寝るまで時間があれば、シャワーを浴びる事で体が温まり筋肉がほぐれている状態。なので、筋トレの効果をさらに高めることができます。ただ何か食べてから行なって下さいね。 筋肉を増やすバルクアップトレーニングをしている人 筋トレには2種類あるのはご存知の通り、ダイエット目的と筋肉を付けて体を大きくする目的。体を大きくする場合は、重い負荷を少ない回数でトレーニングしまが、ダイエットに最適なトレーニングは、”軽い負荷”で”回数を多く”して行うのが一般的です。 そのため、ダイエットを目的で筋トレを行うのであれば、トレーニング時の負荷は軽くして、回数をこなす必要があります。反対で行なっていたりしませんか? もしそうだった場合は、軽い負荷で回数をこなすメニューに変えてみましょう! 食べすぎの人 筋トレでカロリーを消費するからと言って、消費カロリーを上回るカロリーを摂取してしまっていませんか? はじめに述べた様に無理のある食事制限もいけませんが、食べすぎもNG。 筋トレをしたからといって、沢山食べても大丈夫と考えるのではなく、適切な食事量にするのが大切です。 筋トレ中に摂るべき食材といえば、タンパク質やビタミン。糖質も必要です。 朝や昼はゆで卵や納豆、ツナやギリシャヨーグルトに、カッテージチーズなど。夜はアボカドやお豆腐、夜は牛ヒレのステーキ、ササミのサラダなどなど。お肉などのたんぱく質とビタミンになる野菜を中心にしましょう。 そしてオリーブオイルやごま油など、良質なオイルを使う事も大事! ダイエットを成功させる方法 体重を気にしない 筋トレダイエット中は体重を「痩せた」「痩せない」の基準にはしないで、自分の体の”引き締まり度”を確認して下さい。 筋肉と脂肪では比重が違い、同じような体型であっても筋肉質な体のほうが体重は重い事を忘れないで。 筋肉を鍛えていると脂肪が少なくなり、筋肉が増えていきます。だから見た目は引き締まって、体は細くなっているはずなんです! お風呂に入る時などに自分の体を確認してみると、必ず変化が出てきてるはず。 ストレッチも重要 実は筋トレの効果を最大限に高めるためにも、前後にストレッチを行うのは効果的。始める前にストレッチを行えば、筋肉に血液がしっかりと行き渡った状態でトレーニングを開始できるんです。 筋肉が温まり、筋肉が柔らかくなっているので、ストレッチを行わないときと比べて、筋肉の可動範囲は大きくなります。 また運動前というのは怪我の予防の為にもストレッチを行うというのは重要。 終わった後も体をほぐしてリラックスさせるストレッチを忘れずに。 筋トレ後には有酸素運動 筋トレを行った後に、ウォーキングやランニング、または水泳などの有酸素運動を取り入れると、脂肪が燃焼されるタイミングが早くなります。 筋トレ時にはブドウ糖を合成してエネルギーに変えますが、血中のブドウ糖を消費してしまうと、有酸素運動を行った際に脂肪を燃焼し始めるタイミングが早くなる為なんです。 実践した事のない人は、ぜひ次から筋トレ後に軽い有酸素を取り入れてみて下さい。 ダイエットに拍車が掛かるかも⁈ 筋肉がつき始めると、基礎代謝が上がり一日に消費するカロリーが増えてきます。 そうすると、今までと同じ量の食事を食べていたとしても、消費カロリーが増えているため自然と痩せていきます。 それまで時間が掛かりますが、痩せないと諦めないで。筋肉さえ付いてしまえば、痩せやすい体を作れるので、根気よく! 少なくとも3ヶ月以上は筋トレダイエットを継続してやってみましょう!

ダイエットにマッサージは効果的?ぽっこりお腹を解消

モデルの様なペタンコお腹やくびれたウエストが欲しい…!と思うの人はたくさんいるはず。 でもダイエットで食事制限をしたり、腹筋をしても中々ぽっこりお腹って引っ込まないもの。 実はお腹痩せで脂肪を落とすにはマッサージが効果的って知ってましたか? 腸を刺激してリンパを流し、腸を温める事でぽっこりお腹の解消に繋がるんです。 その理由と、効果的な方法をご紹介いたします。 お腹痩せにはリンパが重要!ダイエットマッサージ おへその周囲には臓器や脳に直結する神経が密集しており、生命を維持するための重要な役割を果たしています。 おなかが冷えて、硬いしこりがある人は要注意。 くびれのない寸胴体型や、ぽっこりお腹の多くはリンパの流れが停滞したために起こるむくみと老廃物の蓄積が原因。 腸が機能低下を起こしていると、血行が悪くなり腸が凝った状態になったり、老廃物がうまく排出できずにリンパにたまってしまう。 そして、便秘、むくみ、肌荒れ、ダイエット効果の低下に繋がります。 リンパがスムーズに流れているお腹は脂肪が燃えやすく、老廃物が溜まらないので太りにくく。 腸の働きを活発にして、リンパの流れが良くなると、老廃物の阻害によって鈍っていた腸に刺激が与えられて活発に動くようになります。 その為、お腹痩せの為にも腸のマッサージをしてリンパを流し、ぽっこりお腹を解消させる事が近道です。 腸の働きを活発にすると、『冷え性が改善され』『疲れが取れる』。そんな魅力的なお腹ダイエットに効果的な方法とは。 ダイエットに効果的なマッサージ方法 おすすめのタイミングは体が温まり血行が良くなっているお風呂のあと、もしくは起床して1時間以内ですが、これらの時間が難しい場合は、自分のライフスタイルに合わせて下さいね。 そしてオイルを使えば、マッサージがやりやすくなり、肌との摩擦も防げます。専用のオイルでなくても、ココナッツオイルやクリームなどを使用して行いましょう。 また、食後や飲酒後、生理中や妊娠中は避けてください。 ぽっこりお腹の原因として挙げられるのは、腹筋の衰え、姿勢の悪さによる骨盤の歪み、便秘など。 下腹が太ってしまうのは、脂肪と筋肉不足による内臓の垂れ下がりが原因と考えられます。 下腹の筋肉の衰えは冷えやむくみも引き起こしますが、筋肉を鍛えようとやみくもに腹筋をしても即座に効果は得られません。 リンパマッサージで老廃物を流し、リンパの流れを良くすることで、下腹太りは改善されやすくなります。 腸もみ 図の大腸と小腸の位置を確認して、以下のマッサージを行ってみて下さい。 ⒈腸を刺激する 指を開きウエストの両脇にあててもみほぐす。 やや強めに動かしながら、上下に少しずつ手を移動させる×10回。 ⒉小腸の老廃物を移動する おヘソから3cm左横が小腸の位置。そこから右横までUの字を描くように両手の指先をそろえてモミモミ。 ゴリゴリした感覚がある部分はしっかりもみほぐす×3周。 ⒊大腸の老廃物を移動する おヘソの右下が大腸の位置。そこからおヘソの上を通り左下まで両手の指先をそろえてモミモミ。特に左下は大腸の出口になっていて、宿便等が溜まりやすい場所です。 老廃物を流すよう、しっかりもみこむ×3周。 ⒋便意を促す そろえた両手の指先で、お腹全体を時計回りにさすって。 ゆっくり丁寧に、溜まった毒素を移動させるイメージでもみほぐすと効果大×5周。 次は仰向けになって行うもの。 寝る前にベッドの上でやる習慣をつけてみましょう。 ⒈膝を90度に立てて仰向けに寝ます。真っ直ぐ寝ても、腰の下にクッションなどをいれて腸に傾斜をつけてもOK。 ⒉お臍を中心に上下左右、指3本分くらいの円周を時計回りに押していく。 スタートはお臍の上から、時計回りに6箇所(12時・2時・4時・6時・8時・10時の位置)を 4周ほど、痛くない程度に押します。左右の人差し指と中指それぞれ2本を重ねた形で押すと丁度良いです。 ⒊押してみて硬かったところは、便や老廃物が溜まっているところなのでもう一度、ほぐすように押していきます。途中、腸が反応してお腹が鳴り始めることも! ⒋終わった後、コップ一杯の白湯または常温の水を飲んで下さい。冷水だと刺激が強すぎる事があるので注意。 また、ツボ押しも効果的。腸を刺激する大巨(だいこ)というツボを押してみましょう。 ⒈おへその下に人差し指を当てて、人差し指、中指、薬指の順におき、おへそから左斜め下に下がった部分に、人差し指、中指、薬指の腹の部分をツボに当てます。 ⒉おなかの力を抜いて、左右同時に大きく吐きながら体の中心に向かうようにぐぐっと指圧して下さい。 内蔵を温めて体温と代謝が上がると、血行も良くなって美肌効果も期待できちゃいます。 子宮を冷えから守るため、お腹やお尻に脂肪がつきやすいのが女性。諦めずに続けてスリムなお腹周りを手に入れて! 腸内環境を整えれば、便秘だけでなく肥満防止にも効果が期待できるもの。キレイな腸は美しさの源です。 「腸もみ」で体の中から美しく、くびれのあるセクシーな女性を目指しましょう。 また、睡眠不足も大敵。 寝ている間に分泌される成長ホルモンには、中性脂肪を分解して体脂肪を減少させる働きがあるんです。 睡眠不足になると成長ホルモンが十分に分泌されず、慢性的な肥満につながってしまうことがある為、しっかり睡眠を取ることも忘れないでくださいね。

ダイエット停滞期の理由と抜け出すためのチートデイって?

ダイエット中に必ず訪れる、体重が落ちなくなる「停滞期」。悩まされている人も多いのではないでしょうか? 今回は、停滞期がなぜ起きるのか・いつ頃起きるのか、そして実際にダイエット経験者が行なった乗り越え方をご紹介していきます。 ダイエット停滞期とは? ダイエットを始めて徐々に体重が減っていたものの、ある時から急に減らなくなる時期のことをダイエット停滞期と呼びます。 なぜその様な時期があるかというと、体には防衛反応が備わっているためです。およそ1カ月間に体重の5%以上が減ると、人の体は「餓死状態かもしれない」と判断し、守りに入ります。 体にはホメオスタシス(恒常性)という機能があり、”生きるため・体を維持するため”に、それ以上体重を減らさないように危機管理を行なっているんです。 その期間は? 2週間~1カ月ほど続く事が多いです。その後、その体重に体が慣れることにより自然にホメオスタシス効果がなくなってくる為、ダイエットを継続していればまた体重が減り始めます。 けれどその後の1カ月もやはり、体重減を5%以内にすることが大切。そうすることにより、ホメオスタシス効果を和らげることができるからです。 ダイエット停滞期の注意事項 ダイエット停滞期に入って焦って食事量をさらに減らしたり、筋トレなどの運動量を増やしすぎたりするのは体に一段と危機感を与えてしまうため、逆効果です! 終わらせるためには、栄養をきちんと摂ること。これまで通り栄養バランスを考えながらダイエットを継続し、過ぎ去るのを待ちましょう。 チートデイってなに? そんな辛い、ダイエットをしているのに体重が減らなくなってきた時期は、いっそのことガッツリ食べたほうがやせる!というのをご存知ですか?その名も「チートデイ」。 チートデイのチートは「cheat」=ズル を意味していて、ダイエット中の食事制限を無視して好きなだけ食べてしまおう!という日です。 そんなことをして本当に良いの!?と思う方も多いかもしれませんが、良いのです。 なぜなら、身体が飢餓状態だと錯覚している”ホメオスタシス効果”を防ぐには「食べること」が最も有効だから。 たとえば、熱を持った体温を下げるために汗をかく、走って酸欠になった体内に酸素を取り入れようと呼吸が荒くなるなど、生命を維持するために自動的に働くシステムだからなんです。 なので、『飢餓状態じゃないよ、どんどん代謝しても大丈夫だよ』と脳に認識させ。脳をだまし、節約モードを解いて、再び体重が減るように仕向けます。 チートデイのメリット 1.代謝が良くなる ダイエット中、摂取カロリーを制限するのに合わせて、消費カロリーも減っていきます。これでは代謝が落ちてしまいます。 そこでチートデイを行い「ちゃんとカロリーを摂取していますよ」と身体にアピールすることで、代謝が落ちすぎるのを防ぐことができるのです。 2.栄養状態を整える 食事制限をしていると、どうしても必要な栄養素が取り切れないことがあります。 それを補うためにもチートデイは必要だと言われているのです。 そのため、チートデイはただひたすらに暴飲暴食をするのではなく、少し自分に足りていない栄養素を考慮した献立を立ててみるのがベスト!でも基本的には、好きなものを食べて下さいね。 3.ストレスの軽減 いつ痩せるか、いつ終わるかわからないダイエットの中で、「食べても良い日がある」というのは、非常に強力なモチベーションに。 チートデイの1日のためなら、つらい食事制限や運動も頑張れますよね。 また、食べたいものを我慢してストレスがたまると、『コルチゾール』という副腎皮質ホルモンが増え、脂肪をため込みやすい体になり、かえって太ってしまう事も…。 だから、定期的にストレスを解放する意味でも有効です。 チートデイのおすすめメニューと食材 定番メニューはステーキ、パスタ、ラーメン、ハンバーガー、すしで、ステーキなら800gほど。 爆食いには、ダイエットで不足した栄養を補給する意味もあるので、、せっかくなら減量効果が上がるものを選びたいところ。おすすめの栄養素をご紹介します。 【タンパク質】 食後、食べたものを消化・吸収・運搬するために使うエネルギーを「食事誘発性熱産生」といい、タンパク質はこの数値がダントツに高いです。お寿司や、赤身のステーキがおすすめ。 【糖質】 ダイエット時にいちばん制限されやすいのが糖質。チートデイでは、ふだん抜いているものほど食べると効果が上がるので、主食となる炭水化物やスイーツはその意味で効果大です。 【脂質】 糖質と同様、ダイエット中は避けることの多い脂質。魚や肉の揚げ物などがおすすめで、酸化していない良質の油を摂りましょう。ただし、油が多いスナック菓子は避けたほうがベターです。 【ビタミン・ミネラル】 美しくやせるために、必要不可欠な栄養素。食事制限中に不足しがちで、摂取バランスも悪くなるので、いつもより意識的に食べたいですね。 野菜や果物、海藻類、動物性の食品に多く含まれます。 気をつけたいのは、お酒。アルコールは代謝をつかさどる筋肉を分解してしまうので、ビールなら500ミリリットル、日本酒なら1合程度にとどめましょう。 醸造酒、蒸留酒など、その種類は問いません。 チートデイはダイエット停滞期から脱するための手段。 1日限定で行い、ドカ食いした翌日は、通常のダイエット食に戻すことはもちろん、運動もしっかり行いましょう。有酸素運動をメインに、前日に蓄えた脂肪を燃焼! 翌日は体重がもちろん増えてますが、気にしなくてOK。 翌日以降のダイエットを堅実に続けていれば、1週間程度で停滞期を抜け、また体重が落ちてくるはずです。焦らないでくださいね。

サプリでダイエットは本当に可能?

ダイエットをしたい、でも続けられる自信がない、出来るだけ簡単にダイエット出来る方法・・として思いつくのはサプリでダイエット。 では、本当にサプリを飲むだけで痩せる事は出来るのでしょうか? サプリでダイエットはできるの? サプリメントという言葉は、日本では「健康補助食品」を指し示す言葉。 脂肪燃焼するタイプや食欲を抑えるもの、腸内環境を改善するものなど種類が豊富。サプリでダイエット、なんて言葉もよく聞きますが、ダイエットサプリはあくまでも「食事や運動によるダイエット効果をサポートしてくれるもの」。 つまり、何かと組み合わせて行う事が効果的なのです。 残念ながら、好きなものを好きなだけ食べながら痩せられるという様な都合のよいサプリメントや薬はありません。 けれども脂肪がつくことが防げるサプリがあるなど、ダイエットの力になってくれるサプリはあるのです。 出来れば効果的にダイエットをしたい。 そんな時サプリの力を借りて、効果を増やしましょう。 劇的な痩せ方は難しくても、サプリメントをうまく活用することで、ダイエットがスムーズになることは間違いありません。 大切なことは、「口コミでこのサプリが良かったから」「人に勧められてから」ではなく、自分に合ったサプリ、どういう目的で使用するかによってサプリを選ぶこと。 以下に詳しく見ていきます。 腸内環境を整えるサプリ|ダイエット 実は、サプリを飲むだけで痩せる、という人もいます。 それはどういう人かというと、腸内環境が荒れている人。つまり便秘がちな人です。 何故なら、「効果があるダイエットサプリ」と言われるサプリは、整腸作用の効果が期待できる成分が使われているからなんです。 腸内環境が荒れている人というのは食物を消化したものをうまく吸収することができず栄養失調に近い状態になっており、脳が餓死状態と勘違いして、脂肪を蓄えるようになり、結果太ります。 そういうわけで、腸内環境が改善されれば、蓄積された脂肪も徐々に減らすことができるんですね。 また、腸内環境が悪化することで食欲が暴走することもある為、注意が必要! 腸内に悪玉菌が増やさない様にする事が大事です。悪玉菌が増えると体に炎症を起こす物質が放出されて、脳も炎症を起こしパニック状態になり、結果、食欲が増幅すると言った結果にも繋がります。 これが、腸内が荒れている人ほど、ダイエットサプリで痩せやすいと言える理由です。 サプリメントで腸活をする。腸が整ってくると、体も不思議と軽くなります。 そんな人への効果的なサプリの原材料は、食物繊維・乳酸菌・酪酸菌。または最近話題の酵素系サプリを。 便秘解消の為に効果的と言われるダイエットサプリは、上記のような成分が主に使われています。 逆に効果が無いと一般的に言われるダイエットサプリは、植物エキスや動物性のエキスが使われていることが非常に多いです。 糖と脂肪の吸収を抑えるサプリ|ダイエット 仕事の都合上などで、食事を撮る時間が不規則な人も多いのではないでしょうか。 出来れば夜早めに食事を済ませたいのに遅くなってしまう、また接待などで高カロリーの食事が多くなってしまう・・そういう人には、食事の糖と脂肪の吸収を抑えるサプリを。 痩せはしなくても体重の増加を防げたり、脂肪をつきにくくしてくれます。つまり糖質オフでいる人には効果はないのでご注意を。 サプリで脂肪自体を減らすことはできませんが、脂肪がつくことは防げるのです。 運動によるダイエット効果をサポートするサプリ 腸内が整っている人は、太ってしまった理由として主には「食べ過ぎ」か「運動不足」の2つがあります。 つまり、サプリだけに頼っても痩せないという事。これにはやはり、軽い運動をする事が痩せるベストな道のり。 そんな身体づくりに効果的なのはアミノ酸です。 私たちのカラダはアミノ酸で成り立っており、体の基本です。カラダはおよそ60%が水分で、その水分を除いた約半分がたんぱく質、つまりアミノ酸でできているんです。 そして、アミノ酸はスポーツの基本。たんぱく質は、数十個~数万個のアミノ酸で構成されていて、体内に吸収されるまで3~4時間かかりますが、一方でアミノ酸は分解される必要がなく、カラダへの負担が少なく、約30分でスピーディーに吸収される為、サプリで摂ることは効果的! また、成分としてオススメは分岐鎖アミノ酸(BCAA)と呼ばれるバリン、ロイシン、イソロイシンです。BCAAは体内で作ることができないため(必須アミノ酸)、体外からの補給が欠かせません。 お酒好きには朗報ですが、肝臓の解毒作用、アルコール代謝を促進する作用もある為、肝臓を保護し、二日酔いに効くとの声も! アミノ酸はサプリメントの他、スティック状のものやゼリー状のものなど様々な種類があるので、自分に合ったタイプで摂取出来ます。 サプリの様に手軽に取れる、脂肪燃焼を促進してくれる飲み物 サプリを買う人はフルーツや野菜を購入して調理するのが面倒、忙しくてそんな暇がない・・という人が多いと思いますが、サプリの様に手軽に取れるものが身近にもあるんです。 それは「コーヒー」。カフェインには、中枢神経系を興奮させて集中力とやる気を高める働きがある事は有名ですが、脂肪燃焼を促進したり筋肉痛を和らげる作用があることでも知られています。 体脂肪減少を促進する働きがある為、カフェインを運動前にとると、グリコーゲン(炭水化物が体内で貯蔵されるときの形態)をエネルギー源として使う働きが抑えられ、代わりに脂肪がより多く使われるようになることが、研究で認められています。 カフェインを摂取すると、糖代謝より脂肪代謝が高まるのですが、カフェインと運動が組み合わさることで、更に脂肪燃焼率は高まります。 朝や、運動30分前に摂取しておくのが効果的! また、アイスコーヒーだと小腸の粘膜の毛細血管が収縮するため胃の運動も低下し、1時間後にやっと血中濃度が最大値に達すると言われているので、ホットコーヒーにしましょう。 そしてダイエットとは別ですが、コーヒーを1日に2杯以上飲む人は、飲まない人に比べてシミが少ないというデータもあるんです! コーヒーに含まれるカフェ酸やクロロゲン酸の持つ抗酸化作用が働きかけ、シミの抑制になるのです。 ただし、カフェインは摂りすぎはもちろん良くないので、朝の1杯と、運動前または昼食後の眠気防止等で1日2杯程度にしときましょう。 どのサプリメントも、ただ飲むだけでは効果を発揮しない事がほとんどです。 サプリメントを飲んでいるから大丈夫!といって不規則な生活を送ったり、暴飲暴食をしたりしては本末転倒。 日頃から適度な運動や筋トレをしっかり行ったり、食事バランスを整えるなどを行ったうえでサプリメントを摂取するからこそ、効果が高まるのです。 まずは生活習慣を見直してからサプリメントを活用し、素敵な身体づくりに励みましょう!

話題の酵素ダイエットとは?

ストレスの少ない方法なのでリバウンドが起こりにくいと言われている酵素ダイエット。 酵素とは、人の体内の存在するタンパク質の種類のことで、3000種ほどの種類があるといわれています。 この酵素とは食べたものの消化など、生命活動と深く関わっているもの。そして昨今ではこの酵素を取り上げた『酵素ダイエット』が話題になっています。 酵素ダイエットとは、減っていく酵素を補うことで代謝を維持し、食べても太らない若々しい体を保つということ。 なぜ、酵素を補給することでダイエットにつながるのか?酵素ダイエットの正しい方法を紹介します。 消化酵素と代謝酵素 体内の酵素には2種類あり、1つ目の消化酵素は、食べ物を消化するために使われるもの。 そしてもう1つの代謝酵素は基礎代謝を維持したり脂肪を燃焼したりすることに使われています。 しかし体の中の酵素は限られているんです。今や便利で誰もが当たり前に摂取する加工食品には酵素が含まれておらず、そういったものばかりを摂取していると、酵素を体に補う事が出来ません。 酵素が減るとどうなる? 酵素が体内から減っていくと、消化酵素が優先される様になり、代謝酵素が少なくなっていきます。代謝が落ちる=体に脂肪が溜まりやすくなる、という事ですね。 食事で酵素が不足すると食べ物のエネルギーがどんどん蓄積し、肥満の原因になってしまいます。 食事の中で酵素を積極的に摂取する事がダイエットへの最初の一歩となるという事。 加齢や生活習慣で体内の酵素は減っていく為、年齢とともに代謝が落ち、太りやすく、痩せにくい体になっていくのは、こういった事が体内で起きているんです。 酵素ダイエットのやり方 酵素ダイエットを行う為、酵素を補うにはサプリで摂る方法と、酵素ドリンクで摂る2種類の方法があります。 そして酵素は必ず生の『生酵素』を選びましょう。 酵素は熱に弱いため、熱を加えると生の酵素は死んでしまうからです。 1番手軽でおすすめなのダイエット方法は、生酵素サプリを食後に飲むだけ。 こうする事で、消化が助けられて代謝ケアや運動する体力確保に繋がります 次に酵素ドリンクの場合、甘みがあって満足感と栄養価が高く、1食置き換えや、プチ断食ダイエットのお供にも最適。 人気なのが最近モデルや芸能人もよく行っている、ファスティングと呼ばれる方法。 1食を酵素ドリンクに置き換える手軽なものから、3日間酵素ドリンクしか飲まないダイナミックなものまで、目標体重や断食に慣れているかでコースを決めます。 カロリーを大幅にカットできるので急いで絞りたい時にも便利ですし、胃腸が休まる事でその後の消化や代謝の機能が順調になるメリットもあります。 食事からも酵素を 酵素はこういったサプリなどからだけではなく、普段の食事からも摂取出来ます。 基本的に生酵素をたくさん含む食べ物は生野菜やフルーツ。前述の通り、酵素は熱に弱いですが、生野菜やフルーツであればそのまま容易に食べることができます。 生の野菜やフルーツ、そして発酵食品を積極的に食べましょう。ご飯の量を減らし野菜のおかずを増やすのが簡単な方法です。 逆に注意すべきは、とうもろこし・さつまいも・じゃがいもなどの野菜は糖質が多いため、避けるべき。 酵素ダイエットは基本的に短期間で結果が出るものではなく、少しずつ体質を改善していくもの。期間は生酵素サプリだと3ヶ月程度。ファスティングダイエットは結果が早い場合もあります。 代謝を上げる事が目的なので、減ってしまった体内酵素の量を増やし、体質を改善することにあります。そうすることで代謝が徐々に上がっていくのです。 サプリやドリンクは野菜やフルーツなどを原料としているので栄養価が高く、豊富な栄養素を補給する事が出来ます。 そして、代謝が落ちる理由は酵素の減少だけではなく、運動不足による消費カロリーの低下も太る原因!酵素を取りながらウォーキングなどの適度な運動をすることによって、さらに代謝を上げることが出来るんです。 運動出来てればダイエット出来てるよ!という方もいるかもしれませんが、運動は中々根性がないと続きませんが、効果が目に見えて実感できると続きやすいのでは? 酵素を補ったことで痩せやすい体になっているので、いつもと同じ運動量でも効率良くカロリーを消費できるんです。酵素の摂取と共に運動をプラスすることで効果を加速させてくれるので、早い効果を生みたい人はぜひ挑戦を。 ダイエットだけではない、酵素の効果 代謝が促進されれば血行促進も期待でき、血行が良くなると体温も上がります。それによりデトックス効果が期待され老廃物や毒素を排出してくれるのです。 更に腸内環境も良くなり、便秘解消や美肌効果、アンチエイジング効果も期待出来る酵素の力。 意識しながら健康とダイエットのために生酵素をたくさん摂取していきましょう!生酵素を摂るだけでこんなにも素晴らしい恩恵があるなんて、摂らない理由が見つからないですよね。 生酵素サプリメントや酵素ドリンクは、飲めば飲むほど痩せるという魔法の痩せ薬というわけではありません。あくまで、加齢とともに変化していく代謝、体質を改善するための1つの手段なので、酵素ドリンクだけでダイエットできるわけではありません。 代謝が上がるからといって、たくさん食べれば太るだけ。酵素ダイエットは時間がかかります。 生酵素を摂ることによって基礎代謝が上がって、毎日の消費カロリーが増えるのでそれで痩せる。太りやすく痩せにくい体が定着してしまう前に、足りない酵素を補うことで代謝をあげ、疲れにくく若々しい体質を取り戻しましょう!

無理しなくても確実に痩せる!カーディオダイエットとは。

食欲の秋。夏に向けたダイエットをして短期間で一時的に痩せたものの、夏を過ぎてしまうと燃え尽き症候群になったり、秋の美味しい食べ物達の誘惑に負けてダイエットを中断したり。洋服も露出が少なってくる分、体重が増加したり・・。夏に体重が落ちても、秋冬になると体重が増えてしまう人が多いのが現状です。 最近は糖質制限ダイエット、1食置き換えダイエット、ケトジェニックダイエットなど、食事内容に焦点を置いたダイエット方法が多く、注目されています。たしかに食事量を減らしたり変更するダイエットは、即効性は期待できますが、好きなものが食べられないなどストレスにもなり、長く続けることが難しいです。リバウンドをせずに健康的に痩せるには、やはり運動。 だからこそジムに入会したものの、何をしたらいいかイマイチ分からず行けていない、そんなに時間の余裕がない。運動はあまり得意ではない、食事制限は苦手・・などなど、理由があって出来ない人も多いのではないでしょうか。けれど理由ばかり作っていたら、痩せるどころか、太る一方なのです! 面倒臭がりでも出来る簡単ダイエットとは? そんなあなたに、オススメの今流行りの簡単ダイエット方法。それは「カーディオダイエット」です。 カーディオとは、本来「心臓」という意味を持ちます。ジムで行われるトレーニングでは心肺機能を高めるランニングなど、有酸素運動(エアロビクス)と同義であり、快適な空間でマシンを用いて手軽に行える運動。そして、運動前のウォーミングアップにも使えます。 有酸素運動というと痩せるイメージですが、走るのは嫌い、激しい運動は苦手という人にも朗報です。なぜなら、カーディオダイエットは歩くだけでいいんです。けれどポイントは、「傾斜」を付ける事。そうすると余分な体脂肪が落ちやすくなります。カラダ作りでも健康作りでも、天敵となるのは余計な体脂肪! 詳しくは下記にて説明致します。 カーディオダイエットはどうやって行う? カーディオダイエットにはトレッドミル、バイク、エリプティカルトレーナー、ステップマシンという4大マシンがあります。その中で今回は「歩いて」脂肪を効果的に燃やす、トレッドミルでのダイエット方法をご紹介致します。 トレッドミル、いわゆるランニングマシーンです。回転するベルト上でウォーキングとランニングが行えるマシンで、外を歩いたり走ったりするのとほとんど同じ感覚で使えます。スピードと傾斜はユーザーが自由に設定できる為、自分に合った好きなペースで体脂肪が燃やせます。そして外の様に天気に左右されたり、コース途中でやめると戻ってくるのが大変・・というデメリットもありません。接地面はアスファルトなどよりも足腰に優しいんです。 体脂肪燃焼を最優先させるならば、下記の様に計算して、最大心拍数の60%を目安にすると良いです。 (220−年齢−安静時心拍数)×0.6+安静時心拍数 ※最大心拍数は「220−年齢」という公式で推定しています。また、安静時心拍数は起床時に座った姿勢で測します。 ※例えば30歳で安静時心拍数65なら、最大心拍数の60%は(220−30−65)×0.6+65=140拍/分。 では心拍数をどの様にあげるのか?それは、先ほど申し上げた様に「傾斜」を付ける事です。がむしゃらに平坦な道を歩くと足や腰を痛める為、傾斜をあげ負荷をかけ、しっかり長時間歩くほうがダイエットだけでなく筋力もつき持久力もつくそうです。無理をするのは少しだけ、という事がポイント。足腰がたたないくらい息苦しいくらいまでがんばると怪我をしたり、結局続かずに辞めてしまって、元も子もありません。 また、実際に傾斜なして歩くのは、外で下り坂を歩いているのと同じくらいの運動量になってしまうのでご注意を。トレッドミルですと自分の力だけで前に進んでいるわけではないからです。そこで、初心者の方にオススメの数値は、傾斜は8〜10度、そして速度は5キロ。一般的に脂肪燃焼が始まる20分から30分続ける事が重要です。 また、もう一つ歩く運動のメリットは、「ながら」出来る事です。好きな音楽を聴きながら、または好きなドラマや映画を見ながら。飽きっぽい人でも、何かをしながらできれば、続けやすいのではないでしょうか? 運動で痩せるには、ゆっくりと時間をかけて落とす事が重要です。そうするとげっそりした感じにはならず、身体のラインも綺麗になり、リバウンドもしにくいです。 あまり追い詰めずに自分のペースで継続して続ける事。継続は力なり! 慣れてきたら食事制限を少し加えてみたり、筋トレを組み合わせて行ってみたり。 誰かの真似ではなくて、自分の身体と向き合って、身体が気持ちがいい事を行う。身体が軽くなれば、心も軽くなってきっと良い事が待っています! まずは1ヶ月で体重1Kg、体脂肪1%減を目指し、夏だけはなく、1年中スリムで健康的な身体を保ちましょう!